ブログネタ
日々の話題 に参加中!
シャープは官民ファンドの産業革新機構と出資交渉に入るにあたり、月内にも専門チームを立ち上げ革新機構と出資交渉に入るちうわけや。
主力2行や、監督官庁の経済産業省に交渉に入ると伝えたちうわけや。
シャープ本体への出資を協議する可能性もあるちうわけや。
液晶の分社化では三重県亀山市やらなんやらの主力工場のほか、営業や開発部門やらなんやらも移す方針。
液晶事業会社の資産価値は3千億円程度とみられるちうわけや。
シャープは分社後も51%以上の株を保有し子会社としたい考え。
革新機構は投資先の過半の株式を握り経営再建を進めることが多いだけに、両社の交渉が順調に進むか不透明な要素も残るちうわけや。
革新機構は12年に日立製作所、東芝、ソニーの液晶事業統合でジャパンディスプレイを誕生させたちうわけや。
現在もJDIの約36%を持つ筆頭株主や。
シャープの液晶事業会社に出資して大株主となれば、JDIと次世代技術の共同開発やらなんやら新たな戦略を描けるちうわけや。