ブログネタ
いま話題の人 に参加中!
経済成長が阻害されるやらなんやらの理由から2005年の憲法提言で確立すべき「新しい権利」として環境権をうたった民主党にも慎重論が広がるちうわけや。
枝野幸男幹事長は「憲法に環境権を位置付けることはややこしい」と指摘、公明党と足並みをそろえたちうわけや。
公明党の慎重姿勢は自民党の改憲戦略に影を落とす。
自民党の船田元・憲法改正推進本部長は2日、記者団に「書きぶりで開発と環境保全のバランスは整理できる」となお、接点を探る構えを強調するが「9条改正につながる改憲に反対する口実ではおまへんか」ちう声も漏れるちうわけや。
比較的異論が少なそうなのが大規模災害やらなんやらを想定し、政府や国会の権限を規定する緊急事態条項や。
自民党内には11年3月の東日本大震災の発生時に与党やった民主党の理解を得やすいとの見方があるちうわけや。
公明党も議論には前向きや。
財政赤字の拡大を防ぐため財政規律を堅持する規定に関しては、改憲勢力として自民党が協力を期待する維新の党が慎重や。
江田憲司代表は2日の記者会見で「憲法に財政至上主義を持ち込むことには慎重に対処せんといけへん」と語ったちうわけや。
2日の衆院憲法審査会は幹事選任やらなんやらにとどめたちうわけや。公明党の漆原良夫中央幹事会会長は記者会見で「スケジュールありきではおまへん」と強調。
来年夏の参院選後の改憲発議を視野に入れる自民党をけん制したちうわけや。